椿山荘 撮影ブログ

椿山荘 結婚式 慶雲殿にてカメラマン持ち込み撮影

椿山荘カメラマン持ち込み

こんにちわ。

椿山荘の結婚式カメラマンです。

今日は先日撮影をさせて頂きました、椿山荘の慶雲殿、ギャラクシーにて結婚式当日の写真撮影、当日エンドロール撮影のご紹介をさせて頂きます。

撮影のご依頼を頂きました、お二人本当にありがとうございました。

椿山荘の結婚式カメラマンの立場から見た2018年度の最新の椿山荘結婚式撮影レポートをどこよりも詳しく、早く、わかりやすく椿山荘の現役の持ち込みカメラマンがご紹介します!

猛烈な暑さもようやく静まり返った8月の椿山荘での結婚式。

この日の撮影はいつも通りプラザ棟のヌーベルマリエマサコのメイク室より撮影です。一番早い時間帯の式でしたので新婦さんはとっても朝早かったんですが、そんな表情一つせずにこれから始まる挙式披露宴へととっても素敵な表情をされていました。

椿山荘はプラザ棟、ホテル棟、タワー棟と大きく分けて3つの棟に別れているのですが「プラザ棟」という名前は既に廃止されているのでバンケット棟が現在の正式名称となっています。

これは2018年8月よりプラザ棟とタワー棟はバンケット棟ととしてリニューアルとなり、それに付随して椿山荘にて親族紹介を行うルビーという部屋も寿(ことぶき)に大きく変わりました。

椿山荘での結婚式 プラザ棟とタワー棟がバンケット棟に統一!

名前が変わりましても今だに椿山荘の介添さんとは「この後はルビーで親族紹介です」「プラザ棟の看板前で撮影したいんですね」などという会話のふしふしにやはりプラザ棟という名称が、私達持ち込みカメラマンや提携カメラマンとの間での呼び方なので、しばらくは旧名が続きそうですね。

また椿山荘のメイクルームについてアドバイスをさせて頂きますと椿山荘の美容室さんは二つ有ります(ヌーベルマリエマサコさん、資生堂さん)がどちらも人気のメイクアップアーティストさんが入っておりますのでどちらを選んでも良いかと思います♪

ヌーベルマリエマサコのトップヘアメイクアーティストであるメイク王子の武田さんは新婦さんの担当ではなかったのですが、「暑いですねー」なんて軽くロビーで談笑させていただきました。(いつもお世話様です武田さん)

椿山荘の結婚式 メイク王子こと武田史彦さんが凄い!

さてさて、この日の新郎新婦様とは結婚式の前日に打ち合わせを30分程行いました。

当日の撮影についての打ち合わせはかなり詳細に行うのですが、よくお話を伺ってみると担当プランナーさんから「メイク室と慶雲殿では撮影できません」と事前に言われているのですが大丈夫でしょうか?という、ご相談が有りました。

心配ご無用です。

これらのプランナーさんマジック(結婚式持ち込みカメラマンなら誰もが知っている造語です)はよくある事なんですが、全く問題なく撮影ができました。

個人的にはなぜそのように自分たちが自信を持って進めている結婚式場で挙式披露宴を挙げる新郎新婦さんを、挙式日近くまで考えさせる様な内容の事をお伝えし、わざわざ不安にさせるのかがわかりませんが……..

 

慶雲殿

メイク室、慶雲殿ともに写真撮影、エンドロール撮影OKです。

この日の椿山荘の撮って出しエンドロール撮影は披露宴再入場までの撮影です。

私たちCRYSTAL WEDDINGは他の結婚式持ち込み撮影業者とは雲泥の差があるほど椿山荘でのウェディング撮影を行なっていますが、椿山荘の当日エンドロールで、最近とてもご依頼の多い披露宴再入場までのエンドロール撮影。

式場提携ですと最大花嫁の手紙までやる結婚式場も有りますが、いつか椿山荘で「花嫁の手紙までの椿山荘エンドロール」やってみたいな~なんて思ったりもします。

会場さんとしてはヒヤヒヤかもしれませんが、披露宴会場のPAさんと撮影するブライダルカメラマンがしっかりと事前打ち合わせを行い連携して当日を迎えることができればいけます。

編集に使用するノートパソコンと披露宴会場のスクリーンが直結可能なら問題なくできますので、ぜひ椿山荘の結婚式を新郎新婦様の謝辞の前である披露宴手紙まで上映したい方はぜひ問い合わせフォームまでお願いします。

それだけ私たちは椿山荘 結婚式ビデオ撮影、椿山荘 結婚式写真撮影、椿山荘 結婚式エンドロール撮影に強く慣れています。

慶雲殿、豊生殿、ルミエール、ヴァンヴェール、庭園内神殿の全ての挙式会場で撮影していますのでとにかく自信があります、撮影に関する相談だけでも構いませんのでお気軽にまずはどんな事でも構いませんのでご相談下さいませ。

話は少し脱線してしまいましたが、当日の椿山荘結婚式撮影現場レポートに戻りましょう!

メイク室より撮影を開始しましてブライズルーム→ファーストミートへと撮影は進みました。

進行ではAM9:30にメイクアップ、その後2人のスタジオ撮影が有ったのですがこの日のメイクアップ完了時間は予定のAM9:30より30分押しのAM10:00頃。 慶雲殿での挙式という事で和装でのスタートでしたので白無垢の着付けの時間がかかりすぎたのが原因でした。

ご存知ない方もいらっしゃるかと思いますが、花嫁様の白無垢や色打掛の着付けはとても時間がかかります。

CRYSTAL WEDDING(クリスタルウェディング )では和装での前撮り撮影も行なっていますので着付けなどを身近に見ているのでわかりますが、新婦さんの体型に合わせての鳩胸づくりから始まり。(綿やガーゼなどを使用して補正を行います。)

その後、長襦袢、掛下、白無垢または色打掛と進むのですが、何と言っても帯作りがとても時間がかかるんですね。

また細かいところでコーリングベルトや腰紐を複数本使用して着付けを行って行きますので途中新婦様自身にも着付けのお手伝いを頼むこともしばしば。

新婦さんにとっては初めての花嫁着付けなのでどんどん形作られるとともに

「こんなに花嫁着付けって苦しいのかあ、重いのかああ」と思う方もいるんではないでしょうか。

私の所属するCRYSTAL WEDDINGの代表はブライダルカメラマンでは特別珍しい色打掛、白無垢の花嫁着付けを1人で着付けを行うことができる和装の花嫁着付けをマスターしていますのでこの辺りの花嫁様だからわかる着付けの苦しみはとってもわかるようです。

結果的に介添えさんと話をして、どうしても挙式の時間を変えることはできないので前撮りは挙式と披露宴の間にサクッと入れるという事で予定変更になりました。

挙式前に撮れなくても披露宴後の後撮り撮影で椿山荘花嫁さんに人気の前撮りスポットは回れますのでご安心下さいね♪

新婦さんには事前に大理石階段、プラザ棟ロゴマーク、赤い橋での前撮り撮影をしたいと伺っていたのですがこの辺りは仕方ない事ですのでカメラマンとしてもテンションを下げずに逆に盛り上げることに徹しました。

最終的にはなんとか希望されている場所で撮れましたので結果オーライでしたが、これから椿山荘で結婚式を挙げる新郎新婦さんはご注意ください。

「結婚式 当日のブライズルームでの準備は予定通り終わらず必ず延びます」

前もって知っておくことで余裕を持った行動ができますのでぜひ覚えておいてくださいね♪

さてさてその後は慶雲殿での撮影、庭園での集合写真撮影、グループごとの撮影を行い、受付、ギャラクシーでの披露宴と続きました。

椿山荘の新郎新婦様から特に依頼の多い結婚式ビデオ撮影はありませんでしたが、椿山荘での結婚式当日の写真撮影、当日エンドロール撮影、しかもエンドロールは再入場までの撮影と盛り沢山!

本当に青空溢れる空の真下、とっても気持ちの良い撮影ができました。

美男美女の新郎新婦さま、この度は本当におめでとうございました。

ABOUT ME
椿山荘の現役持ち込みカメラマン
ホテル椿山荘東京にて結婚式持ち込みカメラマンとして結婚式当日の撮影を行っているCRYSTALWEDDING(クリスタルウェディング)のカメラマンです。日々の椿山荘での結婚式撮影をブライダルカメラマンとしての視点から多くの皆様にわかりやすく定期的に更新ができるように当サイト「椿山荘 結婚式 ブログ」を運営しております。これから椿山荘にて結婚式を挙げる新郎新婦様に有益な情報をお伝えできるように努力致しますのでぜひ応援して下さいませ。椿山荘の結婚式撮影についてのご相談やご質問はお気軽にお寄せ下さい。できる限りのお手伝いをお約束致します。