絶対読みたい記事

椿山荘の結婚式 前撮り撮影の時に覚えておきたい5つのこと

椿山荘の写真撮影で人気のカメラマン

こんにちわ。

椿山荘の結婚式カメラマンです。

今日は椿山荘の結婚式カメラマンとして日々撮影をしているカメラマン視点での皆様へのナイスな情報をお伝えしたいと思います!

スバリ!

「椿山荘 結婚式 前撮り撮影の時に覚えておきたい5つのこと」です。

椿山荘の前撮り撮影はとっても人気なんですが、事前に準備をしておくことがいくつもあるんです!それらを今日はまとめて紹介したいと思いますので是非是非隅から隅まで読んで当日の椿山荘の前撮りの時に生かして下さいね!それでは椿山荘 結婚式 前撮り撮影の時に覚えておきたい5つのこといって見ましょう!

椿山荘 結婚式 前撮り撮影の時に覚えておきたい5つの事

椿山荘での前撮りは多くの皆さんから相談をいただくことなのですが、実はとっても奥が深いんです!

椿山荘の写真撮影はカメオ、ビジュアライフ、写真工芸社の3社さんですが前撮り撮影はそれぞれ撮影を行うカメラマンによって大きく変わってきます。

わかりやすくいうと当日の新郎新婦さんの挙式披露宴を撮影するカメラマンの撮影は担当する人次第で良くもなるし、悪くもなるよという事です。

椿山荘と提携している写真会社なのになぜでしょうか?

それはカメラマン本人が素早く行動できるか、リード力が有るのか、というカメラマン自身が持っている動き方が全てを左右するからです。

最近になってブライダルフェアで当日に撮影をする写真カメラマンの指名が五万円支払って可能になった椿山荘ですが、当日の撮影を行う上でとても重要なポイントの一つです。

外注に依頼するか?提携業者に依頼するかの検討はお客様次第ですがこの記事についてはどちらにも通用する内容になりますのでぜひ覚えておいておくと良いです。

1、ブライズルームでの支度はおすので時間に余裕を持とう

ブライズルームでの支度は間違いなく時間通りに終わりません。午前式の方で実際の進行の時間を例に出してみると下記のようになります。

新婦 会場入り AM 7:30 バンケット棟地下2階にて支度開始
新郎 会場入り AM 8:30
メイク完了 AM 9:30
親族紹介 AM 10:00
挙式 AM 10:30

この場合はメイクアップ完了後にスタジオ撮影に行くのか、行かないのかで前撮り時間に使用できる時間が変わってきます。スタジオが有ればその分時間は少なくなりますし、無ければ前撮り時間が増えその分様々なところで写真を撮ることができます。

ただ肝心なのがブライズルームでの新婦さんの支度時間です。

新郎さんはタキシードでも、紋付袴でもすぐに着替えることができますが新婦さんの場合はかなり準備に時間を費やします、椿山荘はヌーベルマリエマサコ、資生堂の二つが入っていますが洋装と和装で準備時間が異なります。

とにかく和装の方が時間がかかります。

白無垢や色打掛の着付けは新婦さんの体型にあった鳩胸づくりの補正からをヌーベルマリエマサコさんですと2名の着付け師さんが行います、ガーゼを当てたりと少しづつ形どっていきますのでとにかくアドバイスとしては早め早めに行動をすることを心がけましょう。

AM7:30にブライズルームの受付集合で有ればAM6:50には受付に行き部屋の案内をされると良いです。

ブライズルームでの支度は準備が押す場合が多いので前倒しの行動を心がけよう

2、事前に椿山荘の前撮り撮影したい場所を決めておこう

次にぜひ押さえておきたいのが前撮りの撮影場所です。

椿山荘はバンケット棟とホテル棟の二つの棟に別れていますが、館内には無数に撮影できる魅力的な撮影場所がいくつも存在します。

その中でも多くの新婦さんに人気なのが、ホテル棟の大理石階段です。

椿山荘と言えば!の場所なんでここでは必ず撮影しましょう。

和装の方で控える方も稀にいますが披露宴後の撮影でも撮影できますので当日のカメラマンと相談すると良いです。

他に椿山荘の前撮り場所として人気なのが次の場所です。

・バンケット棟(プラザ棟)ホテルロゴマーク

・ホテル棟ホテルロゴマーク

・バンケット棟廊下通路

・ホテル棟螺旋階段

・ホテル棟エレベーターホール(ここは撮影禁止の場合が有ります)

・庭の池の前

・庭 三重塔を背景に

・庭 赤い橋

椿山荘 写真撮影

以上が新婦様に人気の椿山荘前撮りフォトスポットです。

ホテル棟のエレベーターホール(ここは撮影禁止の場合が有ります)は禁止の場合が有りますのでここはあまり期待はできませんので悪しからず。

椿山荘の写真カメラマンへの指示書があればベスト

次にご紹介するのが指示書の存在です。指示書とはわかりやすくいうと「こんな風な写真を撮ってください」とカメラマンにお渡しをする撮影の希望ショットがうつった用紙です。

外注カメラマン、椿山荘カメラマン問わず用意する事でお二人の希望にあった写真を残すことができますので、結婚式準備に余裕がある場合は用意したい一品です。

インスタグラムなどの写真をエクセルで作ってくる新婦様もいるほど最近はポピュラーなものになっています。

ちなみに椿山荘の写真カメラマンにも用意できるのであれば用意しましょう。

庭園での全員集合写真とグループ写真を事前に決めておこう

挙式の後のお庭での写真撮影も実は時間との戦いです。

実は披露宴が始まるまでに時間との戦いがとても多いのが椿山荘の結婚式の特徴なんですが、できるだけ時間短縮したいですよね?

お庭での集合写真を撮るか否かを決めておきましょう。撮る場合と撮らない場合があるのでここはプランナー経由でお伝えをしておくことも重要です。そしてその後のグループごとの写真撮影も誰と、どのグループと撮影したいのかを決めておくと時間短縮に繋がります。

椿山荘写真撮影

よく撮影の依頼が多い椿山荘での前撮り撮影のグループわけ

1、新郎新婦 両家 グループ写真

2、新郎家 グループ写真

3、新婦家家 グループ写真

4、新郎家親族含めた グループ写真

5、新婦家親族含めた グループ写真

6、新郎側 友人グループ写真

7、新婦側 友人グループ写真

8、新郎側 会社グループ写真

9、新婦側 会社グループ写真

10、受付の皆さんとのグループ写真

特に人気のグループを分けましたが1組に2分かかるとするとこれだけで20分前後の時間がかかります。

これだとすぐに披露宴会場に皆さんは案内されますので優先順位を決めるのが良いと思います。

ちなみに受付をお願いしている方は一番最初に介添えさんから声がかかります。

当日の撮影カメラマンと綿密な打ち合わせをしよう

最後にご紹介するのは椿山荘のカメラマン、外注カメラマンに撮影をお願いするしないに関わらず当日のカメラマンとしっかりと打ち合わせをすることがとても大切です。

椿山荘のカメラマンはカメオさんなど複数が入っておりますので、指名をしていない場合は当日初めましてという立ち会いですのでプランナー経由で撮影指示書や要望書を渡しておくと良いです。

外注カメラマンやフリーカメラマンの場合は電話や対面にて同じく撮影指示書などを渡して綿密な打ち合わせを行うのがとても重要です。

椿山荘の結婚式に強いCRYSTAL WEDDINGでは打ち合わせはとても綿密に行います、それらを事前に行うことで新郎新婦さんもカメラマンを信頼して挙式披露宴に望むことができるんですね。

希望の写真や映像をこれでもかと伝えておけば、余計な心配は不要です♪

以上駆け足でご説明しましたが、「椿山荘の結婚式 前撮り撮影の時に覚えておきたい5つのこと」を椿山荘のカメラマンからの視点でご紹介させて頂きました。

ぜひ、椿山荘での前撮り撮影が素晴らしいものになるように応援しております♪

ABOUT ME
椿山荘の現役持ち込みカメラマン
ホテル椿山荘東京にて結婚式持ち込みカメラマンとして結婚式当日の撮影を行っているCRYSTALWEDDING(クリスタルウェディング)のカメラマンです。日々の椿山荘での結婚式撮影をブライダルカメラマンとしての視点から多くの皆様にわかりやすく定期的に更新ができるように当サイト「椿山荘 結婚式 ブログ」を運営しております。これから椿山荘にて結婚式を挙げる新郎新婦様に有益な情報をお伝えできるように努力致しますのでぜひ応援して下さいませ。椿山荘の結婚式撮影についてのご相談やご質問はお気軽にお寄せ下さい。できる限りのお手伝いをお約束致します。